おもちつき前日

2019年 12月

お楽しみ会に続いて、子どもたちの楽しみは、
新年に向けての、『おもちつき』です。

年少さんでは、初めてのおもちつきに当たり、
その前日、おもちつきごっこをして楽しみました。
 
おもちつき当日、杵でおもちをつくのは、
年長児のお仕事なんですが…

牛乳パックで杵を作ってペッタンペッタン


や~れ、ペッタンペッタンペッタンコ


粘土でおもちを作って丸めたり、
きな粉もちの、食べ真似をしたり…
明日のおもちつきを楽しみにしました。
  

一方、年長児のお部屋では、
明日のおもちつきのために、
もち米を研いでいました。


さすがに、餅になるだけあって、
もち米っていうのは、
やわらかく砕けやすいのです…



ですから、やさし~くやさし~く
研いでいきます。


こんな加減ができるのも、年長児ならでは。


そんな様子を、となりの年中児さんも
見にやってきました。


年中児の興味深い表情には…
あぁ、年長児に近づいているなぁと
いう姿が見えるようでした。



年長担任の勧めで、ウフフ
もち米、つまみ食いしてみました。
フムフム…


見る・食す・触る・嗅ぐ…
五感を使って過ごす子どもたちです。

年長児が、研いでくれたお米は、50㎏弱…
ありがとう、年長さん!
 

年少さん、
その研いだお米を、見させてもらって、

(これがおもちになるのかぁ…)


ますます張り切って…
ここでも、もちつき…(笑)



まるまるペッタン、
もちをついたりまるめたりしながら…
明日を迎えます!!

コメントは停止中です。