待ちに待った積雪!

2020年 2月

中国地方にも積雪…という天気予報で、
楽しみにしていた子どもたち…

朝は…スーパートレインはこんな感じ…


園舎の屋根が、うっすら雪化粧です。


子どもたちが、楽しみにしていた雪合戦…


子どもたちが楽しみにしていた雪だるま作り…

 

この斜面で、そり遊びをするんだと
言っていた子どもたち…
どれ一つ、到底できる量の雪ではなくて…


それなのに追い打ちをかけるように、
子どもたちの登園を待たずに、
わっ!!陽が射してきた…


まずい…園舎の屋根も溶け始めた…


担任の焦る気持ちを…
おひな様たちが、
(まぁそう焦らないで…)と

笑っているようでした。


子どもたちが登園してきて…
この雪を見て…
どんなに落胆するのか?と思いきや、


年長児は、
この一年間使ってきた虫めがねを持ち出して
雪の玉や、集めた雪を見ていました。

 








雪の積もった葉っぱを大事に

持ってきてくれる子がいました。



テーブルにあった雪をかき集めてかき集めて…



雪の玉を作ってみたり…


 
ほら、こんなにかわいい雪だるまも
できたのですよ


葉っぱに雪が積もってる!
さくらの森のおサルさんにも…



子どもは、大人のように
こればかりの雪では…
なんて思わないのですよね。


日本にある四季の中で、
季節ならではの遊びは、

私たちがいくら頑張っても
出来ないこともあります。
 

子どものこんな表情を見ていると、
天からのプレゼントを
ありがたく感じました。



前日に、空きカップに水を張っていたけど…
氷はできたかな???


わ~い、出来てる出来てる!



まっかっかになった手や指先…
さぞや冷たかろうにと思うのに、
それよりも勝る子どもの好奇心や感動。
   

そのほか、園庭のいろいろなところに、
氷を発見しました。

  


「先生、明日のためにまた作っとこうや」
といった子どもの様子を見ていると…
新たに、きれいな葉や花びらも見つけてきて
それで氷を作ってみようとするものでした。


その実験がうまくいっても…
いかなくても…
どちらも大事な学び。


天からの贈り物によって、
子どもの知的好奇心がまた一つ
膨らんだ子どもたちです。



コメントは停止中です。