いよいよ明日は卒園式

2020年 3月

年長最後の運動会…、年長最後の作品展…
年長最後の発表会…、
年長最後の大掃除…などなど

何にでもつく「年長最後の」という言葉は、
年長児自身の園生活の重みを増しながら、
過ごしていった一年間。


明日に卒園式を控え、今日は、
「今日は、みんなで食べる最後のお弁当」でした。

こうやってみんなと一緒に、
何度「いただきます」をしたかな?


園で過ごすちょうど真ん中の時間に
お家の方が作ってくれたお弁当を開き、
瞬間、お家の方を思い浮かべるお弁当タイム。


お家の方は、
「苦手なものを入れたけど、
食べて帰ってくるかな?」
「今日は誰とどんなおしゃべり
しながら食べるのかな?」
などなど、いろいろなことを思い巡らせ
送り出して下さった毎日であったことでしょう。


子どもにとっても、園でいただく最後の
お弁当がとても大切な時間であったように、
お家の方にとっても、最後のお弁当作りは、
感慨深いものがあったのでは?とお察しします。


卒園児の修了証書の準備もできました。
卒園児の歩く花道の準備もばっちりです。
   

ホールでの式中の席も、しっかり間隔をとり、
セッティングさせていただきました。

ご来園人数を制限させていただくなど、
内容を縮小せざるを得ない対応に、
こちらも苦しい胸の内ではありますが、


内容は最小限であっても、気持ちは最大限です。
どうぞご理解とご協力をいただきまして、
心温まる卒園式にできたらと思っております。


どうぞよろしくお願い致します。

 

コメントは停止中です。