駆け巡っていった学年末⑤(年中)新年長さんとして

2020年 3月

下園舎での生活も、
一年を終えようとしている年中さん


一年間、使ってきた砂場遊具を
きれいに洗って片づけます。

   

新年長さんとしての期待が、
子どもたちのやる気に
拍車をかけているようです。



「洗うものまだ残ってる?持ってきて~」
洗う人、運ぶ人…
自然と役割分担もしながら、

活動が進んでいきます。


泥だらけになってしまった
手洗い場をきれいにしたり、

たらいに残っている玩具を最後まで洗ったり、
使い終わったたらいも最後まで協力して、
きれいにきれいにしています。


そして、この通り!!
すっきりきれいになりました。
これで新年度も、新鮮気分で遊びを
スタートできそうです。



さて、お次は教室です。
(え~~~?!)
(こんなに埃がたまっていたんだぁ…)
まずは…現実を見るところから…(笑)


春から使う新しい年中さんのために…と
心を込めて一生懸命です。


棚の後ろ・キッチン・ロッカー・机の下…



「おい、ここにたくさんあるよ~」
「え?どこ?どこ?」




子どもたちは、埃を見つけることが、
まるで宝物を見つけることと同じくらい
嬉しそうで、はしゃぎながら掃除に夢中です。
 
ご覧の通り!こんなにきれいになりました。


床の掃除は、みんなでよ~いドン!?



前から後ろへ…後ろから前へ…
何度も何度も往復して…
床もピッカピカです!



ちなみにこの雑巾がけ…
かなりのエネルギーを要します…(苦笑)
担任たちは…
あっという間にへっとへとです…(笑)



トイレ前や廊下も隅々まで
きれいにきれいに…



使った後の雑巾まで…
きれいにきれいに…



スッキリ片付き、
きれいに磨かれた辺りを見渡し、

年中児は、大満足そうでした。

この満足感・達成感が、
春からの年長児としての、

更なる意欲を掻き立てること、
間違いなしですね!

かっこいいぞ~~~!

コメントは停止中です。