卒園式

2020年 3月

去る3月17日
当園 第51回修了証書授与式を行いました。

 




花々に包まれた会場で、
子どもたちは、
担任から呼ばれた名前に
一人ひとりがその子らしく返事をし、
修了証書を受け取りました。










例年、年中児は在園児代表として、卒園式に参加し、
年少児は、拍手の花道でお見送りしています。


しかし、今年は感染症予防対策のため、
卒園式規模縮小、出席者制限を
させていただきましたので、

在園児はこのように、教室から生中継を通して
卒園式に参加することにしました。


卒園児の担任が、名前を呼ばれ返事をしたり、
修了証書をいただいたりしている卒園児の姿は
とても格好良くて、子どもたちは釘づけでした。


全員がマスク着用の為その表情までは、
よく読み取れませんでしたが、
年長児の歌う歌は、

とても心が込められていて、
在園児もとてもしんみりと聴き入っていました。


卒園児がホールから退場するのを、
在園児は、教室からお見送りします。


ふじ組さんも、さくら組さんも
スタンバイオッケーです。


年少児は、屋上テラスからお見送りです。


「そつえん、おめでとう~~」
「しょうがっこう、がんばってね~」



「おにいちゃん、おねえちゃん、だいすきだよ~♡」
「せんぱい、ありがとう~~!」



あちらこちらから飛び交う
思いがけない在園児の声に、

卒園児は、「え?」「え?」と、驚き、


後輩たちに「ありがとう~♡」と手を振って
応えてくれました。喜びいっぱいの笑顔で。


君たちは、こんなにもたくさんの
先生や子どもたちに
愛され、
応援されているんだよ…

しっかり受け止めたね!


一仕事終えたかのような年少児…(笑)
僕たちもあんな先輩になるぞ!!



卒園児・・・クラスに帰ってからの時間…
卒園前、時間をかけ心を込めて
描いた『自分』に見守られる中…


修了証書を受け取って、
ホッと安堵の子どもたち…





お家の方にこっそり作っておいた
コサージュを渡します。


(お母さん…喜んでくれるかな?)
 

(上手くつけてあげられるかな…)


「お父さん、いつも遊んでくれてありがとう」



「小学校行っても頑張るよ」


「いつもおいしいお弁当作ってくれてありがとう」


子どもたちは、お家の方への言葉を
しっかり伝えながら、
プレゼントを渡しました。



子どもたち一つ一つの動きに、
心のありようが表れていて胸に沁みます…
お家の方の胸で、子どもの心が光っています。


最後は、先生たちみんなで
花道を作ってお見送りです。


幼稚園の友だちと一緒に毎日遊んだ園庭を、
お家の方と共に…
 



みんな、晴れやかないい顔です。


 

制限のある中ではありましたが、
無事に卒園式を行えたことに
ありがたく思いながら、
子どもたちを見送りました。

 

今日の子どもたち!
身につけているものは、
かしこまったものですが、

いつもの生活と一緒!

 
毎日を友だちと楽しく遊んだ
園庭にいつまでも…

とても名残惜しそうにも見えました。


園で過ごしてきた期間は、
子どもによって、一年、二年、三年…と、

まちまちでしたが、
どの子からも感じられる溢れ出すオーラは、
園生活での充実と、
心の成長を思わせるものでした。



比治山学園の学園五訓
正直 勤勉 清潔 和合 感謝

それをもとに
教育目標としている三本柱
・いのちを大切にする心
・感動する心
・しなやかな心


そして、園のモットーである
『いきいき のびのび どきどき』

今日の卒園児の姿、保護者の方の表情からは、
園で大切にしていきたかった…
育ってほしかった心が
見えたような気がしました。

卒園、おめでとう!
そして、ありがとう!!


 

コメントは停止中です。