年中児、先輩として…

2020年 9月

運動会まであともう少し。


今日は、運動会初体験の年少さんのために、
一つ先輩である年中児が、
かけっこを見せてあげることにしました。


年少児が見ているとあれば…
人一倍、かっこいい姿を見せなければ…と、
鼻息荒くなる年中児(笑)



(ねんちゅうさん、かっこいいなぁ~)
(おにいちゃん、おねえちゃん、はやいなぁ~)


年中児の姿を、年少児は、
憧れの眼差しで見学してくれました。



「私たちもやってみたい!!」


…ということで、
年少さんも、かけっこに初挑戦!


いいぞ、いいぞ~、年少さん!


年少さん、走り終えて大満足!


その年少さんに…大丸!
余裕の年中児です。


おやおや、反対からは、年長児も大丸サイン!
嬉しさ、喜びいっぱいの年少さん。



思いっきり、気をよくした年中児は、
踊りやバルーンまで、見せてあげました。
(以下、運動会のネタバレです(笑)ご注意を…)



張り切り過ぎて、年少児の前で、
ドテッと転んでしまった年中児がいました。
その様子を副園長先生が
(今にも泣き出すか…?)と
見ておられたそうです。

すると、すくっと立ち上がり、
「私、もう5歳だから、泣かない!」
そう宣言して、その場を後にしたそうです。

9月初めの、運動会の練習の最中にも
同様に転んでしまい、
その時には、涙で気持ちを立て直すことが
できなかったことがありました。

それが、今日は、年少児の見ている前で、
泣くわけにはいかなかったのでしょう…。

あとになって、『5歳のプライド』と
職員で話になったのですが、
その年中児は、
つい先日5歳の誕生日を迎えたばかり。

自信と誇りいっぱいの女の子の表情に、
胸が熱くなりました。

コメントは停止中です。