作品展に向けて(年中③)

2020年 10月

年中児の、作品展示『生き物の森』
森へ差し込む『空』の光を描くことにしました。

模造紙二枚分を貼りつけた大きな空です!



9月から10月、夏から秋へと変わりゆく
空や雲を見上げながら、何度も歌って遊んだ
『空にらくがき かきたいな』の歌から
インスピレーションを受けて…




一緒に描いたのは、運動会の時から始まった
グループのメンバー



時折、友だちの描いた絵を見て
「いいね~」と称えあったり、



「線路の続き描いてあげるね」
「じゃ、私は、電車描いてあげる」
…など、友だちの描いた絵に参加し合いながら、
描き進めていく姿もありました。



こうやって「グループの作品」として、
仕上がっていきました。



空だから…と、
仲秋の名月で見たお月様を描く子がいたり、

火星や土星を描く子がいたり、
ロケットや太陽・虹…
また、生き物の世界を思いながら、
虫たちが空まで飛んで行ってるところにしよう!
などなど、
様々にイメージを膨らませて描いていった

ステキな空のらくがきとなりました。

コメントは停止中です。