保育参加(年少組)

2020年 11月

何事も、初めての経験となる年少児。
もちろん、『保育参加』も、初の体験。


…ということは、お家の方々にとっても初の体験。
ドキドキして、参加された方もおられたことでしょう。

子どもたちは、
自分のお家の方が来てくれることを

とても心待ちにしていますので、
年少児は、少し多いですが、
一日に5~6人ずつ、
参加いただきました。



参加いただく方の紹介をしていただき、
お弁当の様子を見ていただきます。
(本来は、保護者もお弁当持参ですが、
今年度は、やむなく割愛させていただきました。)




わ~、自分で食べてる…
片付けもしてる…




お家の方々は、園で過ごす子どもたちが、
予想以上に(笑)、
頑張っている姿を目の当たりにされ、感動(*^_^*)



集いの時間に、一緒に体を動かしたり、
絵本を見たり、お話を聞いたりする時には、
わ~、お話聴いてる…
活動に参加してる~…





入園後のこの半年で、グッと大きくなった
子どもたちに、感心・感動の連続のようでした。



園で、共に過ごした時間はとても短かったのですが、
保護者の方々も、園での様子を
よく理解できました…と、
今後の子どもとの会話に、
大きく役立ちそう!と、喜んでおられました。

   
年少さん、友だちとのかかわりや、
繋がりも広がっていますね。

これから、残り半分の年少生活も、
どのように繰り広げられていくのか
楽しみですね。

保護者の皆様、ありがとうございました。

コメントは停止中です。