図書室での有意義な時間

2020年 11月

年中児・年長児は、週一回のペースで、
図書室で過ごす時間があります。


自分のお気に入りの絵本を一週間借りて
お家の人との心の共有ができることも、
嬉しいことの一つです。



そしてもう一つ…この図書室で、
卒園児、在園児の保護者を中心に、
活動してくださっている
ボランティア『お話ポケット』さんの
読み聞かせの時間も始まりました。

すくすくのお友だちの時間です。
 

読み聞かせのあとは、
親子でじっくり絵本に触れ合い、
お子様や、お家の方のお気に入りを
借りて帰ることができます。



年中さんの読み聞かせは、今回が初めてです。



『おはなしポケット』のボランティアさんは、
毎回、対象年齢を考慮しながら、



その時の子どもの興味や関心事を
広げるための内容のものや、



季節感の感じられるものを
一冊一冊をとてもよく考え、

選んで、読んでくださいます。



この頃は、手軽に動画なども
楽しめる時代になっていますが、
信頼を寄せる大人から届けられる肉声が、
子どもには、心の温かみとして伝わり、
温かい心の育ちの一端を担っていきます。

お家でも、どうぞ、お子様と肌を触れ合いながら、
子どもの借りて帰ったお気に入りの一冊を
丁寧に読んであげてください。
子どもの大好きな本…一緒に楽しんでくださいね!

親と子どもを繋ぐ…
幼稚園と家庭とを繋ぐ…
これからも、図書の時間が
そういった有意義な時間となっていくように…♡

コメントは停止中です。