砂・水・泥遊び(年少)

2021年 5月

5月は、本当に爽やかな季節。
心も身体も、軽くなるようなそんな気候です。

年少さんでは…ウフフ♡
やってますね~~~(^_^)v







お天気の良い日には、泥んこや水の感触が
とても心地よく感じられます。







それならば…と、裸足になって遊んでみました。
泥んこにダイブしちゃった子も??







(なに、みてるのかな?)
頭上から好奇心のオーラが発せられていますね(^_^)v



(泥も、砂も、水も…ともだち)



(うちの子、泥の感触…好きじゃないのよね…)
(うちの子、汚れること、好まないのよね…)
そんなことは気にされないでくださいね!

 





先日、年長児が、戸外でさくらの葉を摘んで、
泥んこで桜餅を作っていました。







今まで泥んこに触れることを好まなかった子が、
「べちゃべちゃ、嫌だったけど…」と言いながら、
自ら泥の中に手を突っ込み、
泥んこをかきまぜ、桜餅作りに参加していました。





みんながやっていることを
みんなと同じタイミングで楽しんでくれたら…
と、思われるお気持ちも、よく分かります。



 

けれど、決して焦らず、
子どもの心の動くのを待ったり、
心が動きそうになる仕掛けを考えたり、
今年はしなくても、来年は参加するかもしれない!
それくらい、心に余裕を持って
子どもにかかわっていきたいものですね!





(ドキドキ…入ってみようかな……)



(よいしょっと!!)



子どもの時間は、ゆっくり流れています。

 
泥や水に触れる手も足も、そして身体全体でも、



遊びの充実を感じさせてあげたいと思っています。



(なにを おはなししているのかな…?)

コメントは停止中です。