ジャガイモ収穫のはずが…(年長)

2021年 6月

この日は、年長児、ジャガイモ掘りです。
ジャガイモの成長がこれ以上見込めそうになく、



サツマイモの苗植えも
近づいてきたこともあり、
いざ畑へ……




畑につくと、すぐに目をひいたのが、
たわわに実ったビワ!!



いえいえ、まずは、本務遂行ですよ!



年少さんの関心の眼差しを浴びる中での
ジャガイモ掘りです!!



がんばるぞ、オー!



景気よく勢いづいて始めたものの…
「あった?」「いいや、ない」

 


「ねぇ、どこにあるん?」 「……」



「あったよ」 「え???」



「ぼくもあったよ!」「なんとまぁ…」




本日の、全収穫…以上…(>_<) 



いえいえ、でも、
なかなか美味しそうではないか(^_^)v




仕方ない…次なる収穫だ!!



グミの実が、とてもよく熟れていました。
「少し渋いけど、食べていいよ!」 
「渋いってどんな味?」






「こんな味…(笑)」 子ども百面相…最高です(^_^)/




 

ビワは、よく熟れているものが少なくて、
働きおじちゃんと、副園長先生が、摘んでくれました。



子どもの豊かな表情には、心の動きが見てとれ、
(あ~、子ども時代を生きている!)と実感しました。



畑から園に戻ってきて、園長先生が
「どうだった?」と訊ねました。

「え? おいしかったよ~(*^_^*)」
「……」(ジャガイモ収穫に行ってたのでは?)(笑)


コメントは停止中です。