ビワの木の恩恵

2021年 6月

幼稚園の下園庭、土管横のビワの木



子どもたちが、毎日のように、
木登りを頑張っている木です。

おかげで、子どもが毎日触れる箇所は、
幹の皮が削れ、黒光りするほど。



ビワの木は、子どもの挑戦意欲を
掻き立ててくれる大切な存在です。

それでなくても、子どもたちのため
十分すぎるくらい恩恵にあずかっているのに、
今年は、たくさんの実までつけてくれました。



どこまで子どもたちに
よくしてくれるのでしょう…




ありがとう、ありがとう、ビワの木  

お弁当の時に、おいしくいただきました。

コメントは停止中です。