運動会ごっこ②(年中 年長)

2021年 11月

この日は、年中児と年長児の交流に重点を置いて、
一緒に運動会ごっこをしました。









参加したい子が中心に進めていったのですが、
実際に参加していなくても、
うんていや、さくらの森から客観的に眺めて、
演技の評価(笑)をしている年長児もおり、
苦笑してしまいました。










しかし、運動会までも、運動会当日も、
自分たちの種目を客観的に見る機会はなかったので、
『見て楽しむ』というのも、
とても良いすごし方だなと感じました。

 



   

ポンポンの数の関係上、
ポンポンを1個だけ持って踊りをしました。

 





年長児にとって、
かっこいいと感じていたポージングは、
見ている人にしっかりと、

そのかっこ良さが伝わっていたようで、
年中児のポージングも、さまになっています。




 

隊形変化は、無理に行わなくて
よかったようなものですが(>_<)

年長児は、その動きにまでこだわり、
一緒になって楽しみたかったようです。





 
曲のテンポが速いので、
「音楽に(隊形変化が)間に合わなかったね…」
「むずかしいもんね…」
そんな言葉を交わしている年長児もいました。



異年齢で、肩を組んだり、





年長児のように、思いきり走ったり、
みんな良い表情です。







退場場面は、何となくしんみりモード…
この雰囲気まで、年中児は、年長児を
模倣していたように見えました。

 







運動会で、『心を合わせる』ということを
学んだ年長児。

来年は、年中さん!年中さんの出番だよ!!



そのためにも、年長さん、引き続き
年中さんに、ステキな後ろ姿を見せてあげてください!!




コメントは停止中です。