新たなチャレンジ

2021年 11月

園庭では、大きなプラタナスの木に見守られながら、
戸外での遊びを満喫する子どもたち。



傍の鉄棒、登り棒には、常に順番待ちの列。
運動会後、新たなチャレンジがはじまっています。
その様子に…他学年の子どもたちも刺激を受けて…







 



登り棒…年長児は、友だちの頑張りに触発されて…
年少児や年中児は、初チャレンジの時には、ドキドキ…





木登り…年長児の楽しそうな姿に憧れて、
「わたしもやってみよう」

 

年長児、運動会のおみやげだった縄跳び!
早速幼稚園で使っています。







なかなか思うように跳べない…
また、縄の片付け方も、一つのチャレンジ





一人脚回し跳びにも挑戦…





いてててて……(>_<)













あや跳び できるんよ!!




二人跳び、してみようか……
    
こちらは、長縄チャレンジ!!





三人跳びいけるかな???





高く跳んだら、ひっかからないみたい!





年少さんには、『いろはにこんぺいとう』
やってあげようか(*^_^*)





こちらでは、土管からジャンプチャレンジ!
運動会での、階段ジャンプも、
相当頑張っていましたものね。







同じ土管でも、年少児は、
土管すべり台チャレンジ!
これ、案外、こわいんですよ(>_<) 
 



できるかな?こわいなぁ、
よしやってみよう!!





子どもたちは、今、自分にできること!よりも
少し上のことに、やってみたい欲求が
生まれています。


初めてやる時には、怖さを伴う。
自分には出来ないと思って、
初めからとりかからない子もいます。
でも、できるようになりたい気持ちは、
きっとみんな同じ!

できた時のうれしさたるや……
そのうれしさが感じられるように、
子どもの毎日の心の動きを読み取り、
しっかり支えていきたいです。



コメントは停止中です。