粘土で遊んだよ!(年少)

2022年 5月

クラスのお友達と一緒に、粘土遊びをしました。



年少さん、幼稚園での初めての粘土遊びには、
ワックワクでした。



粘土は、直接手に触れることで、
冷たさや、柔らかさ、すべすべなどの
刺激を敏感に感じ取ることができます。



その刺激が、大脳に伝わり、大脳が活発になるので、
より意欲的な活動につながるのだそうです。



「何を作っているでしょうか???」



上から見たところ
ヒント:みなさん、よ~くご存じの日用品です



裏から見たところ ↓
おや、裏には、穴が開いているようですね…

これでお分かりになりましたら、
『子どもの思考に負けない選手権』 金メダルですよ

正解は、ティッシュ箱なんだそうです…



みんな、粘土の感触を楽しみながらも、
なにかしら、考えながら遊んでいるようですね。



感触を楽しみ、おもしろいと感じながら遊ぶ中に、



想像力も育まれていきます。



まるめたり、こねたり、つまんだり、握ったり
手や指をしっかり動かしながら、



粘土遊びを、しっかり楽しんでいきたいです。



コメントは停止中です。