年長組 小学生と交流会

2018年 10月

幼稚園では、幼小連携事業として
近隣の広島市立牛田新町小学校
一年生と
交流の場を持つ機会があります。

初回は、小学生が園に出向いてくれました。
早速、グループに分かれ、なかよし会が始まります。

顔合わせということで、名前の付いたカードを
首にかけてもらった園児たち。










当園の卒園児の顔もチラホラ見えますが、
互いにちょっぴり緊張気味です



互いの自己紹介をしたり、
「よろしくね」の握手をしたりしていくうちに
少しずつ心もほぐれていくようでした。


年長児は、運動会でやった
大好きなポンポンの踊りを見てもらいたいと
早速一年生に披露しました。

温かい手拍子の応援をもらい、張り切る年長児です。

(何だか下のお外が騒がしいぞ…)
気になった年少さんもフェンス越しに
のぞいていました(笑)


余談なのですが…

子どもたちの踊りや隊形変化が
運動会の時よりも、ますますキレがあって
かっこいい~と、感じた担任でした。

運動会当日は、あいにくの雨でアリーナでの披露でした。
晴天の中での戸外での踊り披露に子どもたちも
嬉しそうに見えました。




もちろん、一年生からも大きな拍手をもらえて、
大満足の年長児でした。






続いて、グループに分かれての遊び時間となりました。

初めて会う小学生にドキドキしながらも、
小学生のリードでやりたい遊びを決めてもらったり、
年長児も園内を案内したりといった
具体的なかかわりを通して、

少しずつ親しみを感じていくようになりました。

楽しい時間はあっという間
小学生の帰る時間となりました。

今度は、小学校に来てね!と誘われ、
握手でお別れ…




優しく接されたり、
笑顔が通じ合ったりすることは
とてもうれしいもの。

一年生の優しさに触れ、
年長児もとてもうれしそうでした。年長児も来年の今頃は
こんな姿になっているのね…
としみじみ感じました。


一年生、ありがとう!
今度行くね!!

こちらこそありがとう!



「また会おうね~~~!!」

園で、伸びやかに過ごして
卒園していった子どもたちが、
小学校で、
すっかり『小学生』をしている姿を
とてもうれしく思いました。



年長児にとっての園生活も、

残りあと、5か月となりました。
園でしかできない体験をしっかり積んで
小学校に送り出していこう!
と、改めて感じることのできる時間でした。

コメントは停止中です。