年少初めての粘土遊び

2019年 4月
年少さん、粘土遊びもお初です。

細長い粘土をヘラで切ったり、

手のひらで丸めたり、ヘビさん作ったり、

小さな小さなおだんごもできたよ!!
遊びの中で、嬉しいこと・楽しいことを


「先生、見て!見て!」と満面の笑みで
言ってくれることも増えてきました。


そういう日々の中で、

困ったときも、悲しい時も、
いつでも先生は近くにいてくれるんだ…

そういう安心感が感じられるように

子どもたち一人ひとりと、

もっともっと仲良くなっていきたい…と
感じさせられる粘土遊びでした。


子どもたちも、粘土の感触を感じながら
いろいろな形ができていくことの面白みを
しっかり感じ取ってくれていたようです。

コメントは停止中です。