芸術家の年長さん

2019年 6月
年長児が、自分たちの手で植えていた
玉ねぎを収穫し数日後…

ネギの部分はすっかり枯れてしまった玉ネギを
クラス内に持ち込んで…
神妙に観察しているようです。

「よ~~~く見て描く」というテーマで、
玉ネギを絵に描いてみることにしたようです。

表現する大きさや形は自分の感覚で、
玉ネギの輪郭・皮…
丁寧にマジックで描いていきました。



紙いっぱいに表現する子もいれば、
紙の余白がまた趣を感じさせる表現の子もいます。



自分の納得のいく形どりができたら…


続いて、絵の具で色を乗せていきました。


皮の色も、ところどころで
黒っぽいところや、赤茶っぽい色…


畑で収穫した時には、
そこまで見えていなかった
形や色が、
描くことを通してとてもよく見えたようです。

       
一つの題材に真剣に向き合う年長児の姿は、
まるで芸術家のような集中力が伺えます。
 
 
紙の空きスペースに書いた文字は、
自分の名前を一文字書き、四角で囲んで…
まるで落款印…

作品の出来上がりをしるし、
自分の作品であることを表わすものです。
 

思い思いに自分の表現を楽しむ年長児でした。

コメントは停止中です。