年中さん、おやつの試食(3回目)

2019年 10月
当大学の
管理栄養学科の寺岡千恵子教授と学生さんとが、
おやつの研究を試みるに当たっての、
年中さん、第3回目のおやつ試食デーです。

この日のおやつは、何でしょう??

学生さんの献立メニューの言葉に従い
年中の担任が、あらかじめこう伝えていました。
『 アップルパイ風 』

非常に蒸し暑かったこの日の午後、
学生さんが、汗びっしょりにかいて
80個近くのお菓子を焼いてきてくれました。


せっかくならば、焼きたてのアツアツを召し上がれ!
という優しい心遣いもあり、
子どもの食す時間に合わせて、

焼いてくださっていたようです。


汗をびっしょりかいて
急いで届けに来て下さった学生さん、

子どもたちへの配膳が終わると、


「お菓子が熱いので、みなさん、
よくフ~フ~して
食べてくださいね!」


…とおっしゃられる言葉に、ある子どもが、
「それでアップルパイ フ~」って言うのか…
と納得していたとか…(笑)

担任、一人苦笑です(ー_ー)!!
アップルパイ風(餃子の皮を使われていたことから)を
『アップルパイ フ~』…ね…、


それにしても、学生さん!
子どもたちがこんなにおいしそうに食べてくれる姿
何とも嬉しいではありませんか!!


ちょうどこの日、保育参加だった保護者の方、
おやつも戴けて、ラッキー!でしたね!!


次回のおやつでは、どんな美味しさと、
どんな面白エピソードに出会えるかな?

コメントは停止中です。