年少さん、いもほりごっこ

2019年 11月

いもほりまで待ちきれずに
新聞紙でおイモを作った年少さんは、
今日はいもほり大会!!
朝から張り切っています!!!
 
子どもたちが、畑作りから丹精込めて(笑)
育てたので、
サツマイモはどうやら豊作のようですよ!



いもほりチームと、応援チームで、
頑張ります!!


年少さんも、順番を待ったり、
友だちの応援をしたりしながら
遊びが楽しめるようになりました。


自分の作ったおイモは、
それはそれは大切で、

みんなうれしそうに収穫していました。


「こんなに大きいのが掘れたよ~~」


新聞の土から顔をのぞかせる
子どもの作ったおイモの、
なんとも愛おしいこと…



子どもたちは、ごっこが大好き!


本当のいもほりをした時…
子どもたちは、
どんな気持ちを味わうでしょうか?



みんな、とてもいい顔です。


遊びを通して、心を大きく揺り動かせながら、


大きくなっているのが
とてもよく伝わる表情です。




「先生、いっぱい掘れたね~~」

「焼き芋にして食べようよ~~~」
「そうだね、焼き芋屋さんに行かなくっちゃ!!」

さぁ、次回は、焼き芋屋さんごっこです!
どんなごっこになるのかな???

 

コメントは停止中です。