年少さん、春みつけのおさんぽに

2017年 3月
あたたかくなったと思えば、寒くなり…
なかなか春はやって来てくれませんねぇ

寒い中にも陽射しのあたたかい中、
ある日年少さんが、
大学構内へ春を見つけに行ってみることにしました。

幼稚園正門下に、さっそく見つけた花一輪
「先生!春があったよ~」

     「これは、春かねぇ???」













「先生!!春がないね~」

大学の大きな木は、
葉っぱが一枚もなくて
つんつるつんの すってんてん

なかなか見つかんないね、春はまだかな?










「あったよ!あったよ!春の花だ」



「これ、何の花かね?」 女の子が教えてくれました「つばきじゃないの?」

水仙にいぬふぐり…ひっそり咲いていました。


そしてとうとう、近所で見つけた
きれいな花!


庭仕事しておられた
この家のおじさんに
「お花見せてください!!」
「あぁ、いいですよぉ」
「この花なんですか?」
「なんだと思いますか?」
逆に質問された子どもたちは、
「もも!」「さくら!」

「あぁーー、これは、梅なんですよ」と。
なるほどこれが紅梅か…
近所のおじさんとの、フェンス越しのほんわかひと時
また、これもあたたかい春…でした。


「先生、ここにも」  「あそこにも」

子どもたちとの『春みつけのお散歩』
何も考えず『ぶらりお散歩』も楽しいけれど、
今回のようにテーマを掲げてのお散歩もとても楽しい!

子どもたちは、たくさんの春を見つけて大はしゃぎでしたよ!

コメントは停止中です。